(株)もがみやFitsカンパニー社長の本音ブログ


by m-fits

伸びる人と伸びれない人って?

たぶん昔の僕は素直でなかった気がする
ひねくれ者だった気がする いやきっとひねくれ者だった
でもたくさんの経験をしてそうではいけない そうだと伸びるスピードが落ちることが
わかったから そうしないと店がダメになってしまうから つぶれるから

本音で言えば 「くそー 何でこんなことをやらなくてはいけないんだ」
と思って仕方なくやってきた でも結果はすぐでるしだんだんよくなってゆく
そうしているうちにそれが癖になって 素直に物事を聞けるようになる

なかなか若かったり、まわりがそういう環境でないと 素直に物事を受け入れたり
素直に人の注意を聞けなかったりする人が多い
相手を見て この人は自分のことを思って言っているんだということを
確認することは大切だと思うが まず聞いてやってみることが大事だと思う

それを何回も、聞いても聞かないふりをしたり 腹を立てていると
その人は相手にしてくれなくなる 気づいても「言っても無駄だから」と思われる
そうするとそんな人が次に現れるまで成長のチャンスがなくなるということで
とてももったいない MOTTAINAI だと思う

大事なのは ありがとうございましたという言葉より
言ってくれたことをやって結果を出すことだと思う そうすると次のヒントをくれる
我が強かったり環境だったりで それを否定し続けている人は
自分の成長を否定し続けている人だと思うので 僕は好きになれない

でも 何回かは伝えて環境を整えてあげるけれど
それをチャンスだと思って頑張らなかったり、陰で舌を出していることには
ちょっと がっかりする。 天につばを吐くようなものだと 稲盛さんも言っていた。

ただ楽しく、楽なことなんてありえないと思う
陰で頑張っている人を、いることを忘れないでほしい
僕はきついから うまく言えないけれど

小善 より 大善 を選びたい そこをわかってほしい
かかわった人には 幸せになってほしい 
でも首根っこつかまえては伝えられないから
[PR]
by m-fits | 2009-01-06 10:28 | 思うこと