(株)もがみやFitsカンパニー社長の本音ブログ


by m-fits

大きな失敗と小さな失敗

僕は 失敗をしないようにしないように生きてきた
失敗はいけないことだと刷り込まれているみたい たぶん子供のころから。
良い子でいなくてはいけないと 思って生きてきた

とてもいいこともある それはなんぼ感情的になっても
最後の一線は越さないこと どこか冷静になって考える 
そんなことやっちゃいけないでしょ なんていいきかせている

でもここ何年かで 大きな失敗を何回かした
どうにもならないくらい 相手を傷つけているし 僕も失敗したなー
と思うことが多い 

人間て 身の回りに起きることは すべて必要なことなんだと聞いている
どうしてこんなことが必要なの? ただいい気になってバカしただけな気がしていた
なんだよ 馬鹿だなー ハーッ ってため息が出ることが少なくない

でも最近社員さんから言われたのです
「社長 優しくなった」 「え そんなに変った?」 「昔はめちゃめちゃ怖かったです」
うー 聞いた時はショックだったし そうか すまなかったなーと思った

最近何となくわかった 
昔は失敗をしないように生きてきて すんごく考えながら行動していた
失敗しないように 失敗しちゃいけないと

でも最近自分が大きな失敗をして
失敗した痛みというか後ろめたさをもったのだと思う 持てたのだと思う
今までは そんな後ろめたさ いたみを持ってなかったので
相手をガンガン攻めたいたのだと思う

たくさんの人に迷惑はかけたけれど
僕には 必要なことだったのかな~ と最近思うようになった
だからって 許されるということではないです 失敗は失敗
たくさんの人を傷つけたことは間違いない ごめんなさい

昨日 娘が自転車を取りにきた
学級委員になった 〇〇部に入ったんだよ って教えてくれた
良かったなー 新しい階段 力を魅力を出せるところに行ってくれた
じんわり よかったなーと思う うれしい

今日は雨 みんなETC使って遠出をしないと思うから
たくさんのセールをしますよー 店に来てね~
[PR]
by m-fits | 2009-04-26 10:22 | 思うこと