(株)もがみやFitsカンパニー社長の本音ブログ


by m-fits

我慢と辛抱・忍耐を考えています

我慢と辛抱・忍耐について考えています
ぼくは、我慢と辛抱は一緒だと思っていた
と言うより、その内容について考えてことはなかった

今回の本に書いてあって「はぁ!」と気づかされた
我慢をしているとそれは自分を抑えているんで、いつか爆発する
そういえば・・・・我慢をしていると何かのきっかけで爆発していることがある

そうならないように、どこかでガス抜きをするんだけれど
やっぱ気持ちの波が、いつもざわざわしていることがある
我慢でなく辛抱・忍耐なんだと思うにはどうしたらいいの?

それも書いてあった。我慢はただ自分を抑えているだけで
辛抱・忍耐は将来良くなるという希望が見えること
これとこれを辛抱したら、こう良くなるということ

簡単にい言えば、「これとこれを買うのを我慢したら
もっといいのが次に買える。」ってことじゃないのかなぁ
いつも目についたものを買っていたら、いつまでたっても良い物が手に入らない

でもこれって結構難しい
これは我慢で、これは辛抱 って自分のことではできるけれど
対相手のことになると・・・・・

やっぱ、いつまでたっても大人になれませんわ
そこを最近の課題に生きていきます

六波羅蜜の 前のブログに書いてあった
忍辱 (にんにく) 耐え忍ぶ 「相手があなたの好意を無視しても 腹を立てずに我慢すること」
悲しいことや辛いことがあっても 落ち込まないで がんばること 
それのよって、物事の本質を見れるようにする

ってことなんですよね
やっぱ、解っているということと出来るということは違うのですね
いくつになっても反省です
[PR]
by m-fits | 2009-11-20 10:26 | 思うこと