(株)もがみやFitsカンパニー社長の本音ブログ


by m-fits

判断基準 損と得 相手の為と自分の為

問題が起きたとき、何かが起こったとき
どう判断するか? 多分、自分が損か得かで判断しがちだと思う
そういう僕もちょっと前までは、今も気を許すとそういう判断をする

それって「野生」だと思うんです
自分を守るために、自分が損か得かで判断をすることって

やっぱちょっとはかっこよく生きて、生きてて良かったと思えるために
いやー失敗した、あの時ああしなければ、ああ言わなければ良かった
と後悔しないために

今起きたことが、今自分のしていることは相手の為になるか
と考えるのが大切だと思うのです、大きく考えれば「エコ」って
自分の為になるかでなく、地球の為になるかっていう「利他」の気持ちにつながる

なかなかできないけれど、いい話やいい本を読むことが大事だと思う
そしてそれを「そうなんだ!」と思うことがとっても大事

先日、瀬戸内寂聴さんのCDをブックオフ末広店で買って聞いてみた
寂聴さんの説法(法話)のCDです 500円で買えました
とっても面白くて、とっても為になる 面白い話の中に
とってもためになることが入っている

ちょっと続けて買ってみようかなと思うくらい面白い
今回のは「彼岸と六波羅蜜」というのでしたが
とっても面白かった 

今、僕は結構「仏教ブーム」でして 今読んでる本もやさしい般若心経の解説
全然知らなかったけれど、面白い 
南無阿弥陀 これって音写 音を漢字に置き換えただけって知ってました?

南無 は 「ナーム」 とっても素晴らしい、偉大な…だったけっかな
なんで、南が無いって どういうこと? わけわかんない・・・って思ってました

色々なわかんないことが世の中には多いってことですね
それを、乾いたスポンジのごとくいつも吸収することが大事・・・・って
寂聴さんもおっしゃってました 

これからは スポンジのフミちゃんでいきます
決して 歳だからって そんなんではないです・・・・げ・・(^。^)y-.。o○
[PR]
by m-fits | 2009-12-27 15:01 | 思うこと