(株)もがみやFitsカンパニー社長の本音ブログ


by m-fits

「無」を解らなくてはいけない バイ 斎藤一人さん

「無を解らなくてはいけない」 と、斎藤一人さんのCDで言っていた
なんとなくそうやってきた と思っていたけれど
それをズバッと言えるのは もっとやってきた方だからなんだろうなーと思う

それが 凡人と すごいっていう人の違いなんだろうなぁー
最近つくづく思います 

何もない お金もない だから今あるのものを工夫してなんとかやった
っていうのが実情で これがないと出来ないなんていうのが言えなかった

昔 社員さんに 「これがないと出来ないので 買ってください」
と、よく言われた気がする うまく説明出来なかったけれど
「その前に、それを買うだけ儲けてから買いなさい。その努力をしなさい」
って伝えていた気がする なんだか良くわかんなかったと思います

とっても考えているようで、まだ考えが足りなかった
もっと、頭を使って考えなくてはいけなかった そう反省しました

大前研一 さんが twitter で 
「人の倍頭を使えば 考えれば 人の10倍稼げる 
 人の10倍頭を使えば 考えれば 兆の金額が見える」
っていう内容のことを書いていた気がする

そうだと思う なにかにすれもっと頭を使って考えなくてはいけない
これでいいってことはない 悩むのでなく 考える とっても大事
それも自分の責任において行動してゆく 責任をとる覚悟を持って

もし失敗したら 「ごめんなさい」 って言えるうちに反省して
また 頑張っていろいろなものを身につけてゆく 

商売って、自分が儲けたなー と思ったら間違いの始まりのような気がします
お客様が ヤッター 得した 儲けたー と思ってくれて
その結果として 儲かった 企業が維持できた と思う事が大事なような

今日の朝礼ではそんな話をしました
「ブックオフは(B-KIDS)はこんなばかみたいな(安い)金額つけてる
バッカじゃないの 隣の店ではもっと高いのに 儲けたー」
と、お客様が思ってくれたら お店の勝ちかなーって・・・・
[PR]
by m-fits | 2010-06-10 10:29 | 思うこと